ホーム商品案内>低屈折率コーティング材「メソプラス」-特長
低屈折率コーティング材「メソプラス」(開発品)
低屈折率コーティング材料 耐傷性 耐汚染性 高透明性 低反射率
NKCメソポーラスシリカ膜シリーズ

低屈折率コーティング材「メソプラス」(開発品)

耐傷性、耐汚染性等の用途に合わせたカスタムメイドが可能

フッ素樹脂よりも低い屈折率膜(n<1.3)をフイルム(フィルム)・ガラス・紙等の基材上に形成させて、光の取り込み効果を 変えるコーティング材料

特長
  • 低屈折率 (n=1.20 〜 1.35)
  • 低反射率 ( <0.5%)

低屈折率膜の特徴(基材:ガラス)

評価項目 評価方法 単位 性能
膜厚 分光エリプソメーター nm 115
屈折率(波長550) 分光エリプソメーター - 1.18
最小反射率(波長400〜1000nm) 反射率分光測定 % <0.5
全光線透過率 両面処理ガラス JIS K 7361 % 99.3
ヘーズ 両面処理ガラス JIS K 7361 % 0.01
表面粗さRa JIS B0601 nm <0.5
耐UV性 カーボンアーク灯、500時間 -
耐湿熱性 85℃・85%rh、1000時間 -
耐温度サイクル 90℃/-4℃、200サイクル -
密着性 碁盤目法、JIS K5400 - 10点
鉛筆硬度 鉛筆法、JIS K5600-5-4 - 5H

反射率の波長依存性

反射率の波長依存性